FC2ブログ

井戸を簡単に埋めるな!恐怖の体験…

こんばんはsatoruです。

今回は、実際にあった
ち~と少し怖い話をしたいと思います。

あれは私が小学校3年生の頃、お盆の時の話です。

沖縄は旧盆で3日間あります。夏場にね。

●1日目 ウンケー (お迎え)
玄関先でロウソクをともし、先祖の霊を家へ招きます。
ウンケージューシーという、炊き込みご飯みたいなものを御馳走します。

●2日目 中日(なかび)
家族や親戚がお中元をもって、各家庭に訪問し近況報告をし、
御馳走を食べて楽しいひと時を過ごします。
その時の主婦は多忙で、かわいそうです。

●3日目 ウークイ(お見送り)
夕方玄関で線香を焚き、うちかびという「あの世」で使うお金を燃やし、見送ります。

さて、本題に入りますね。

とりあえず、トイレに行っといては(笑)

その年、我が家もウークイを終え、とど懲りなくお盆を終えました。

その夜、トイレに行きたくて目が覚めた私。
トイレは離れにある共同トイレ。
1人で行くには怖くて姉を起こしました。

姉は面倒くさがって、
「縁側でやればいいでしょ!(怒)」
といいました。

姉は室内から私を見ていたので、安心して用を足していました。
用を足しながらも、やはり辺りが気になるので左右を確認…

そこで庭の木の下ににあるものが…
紛れもなく幽霊です。

こんな感じでした…



見たときは、怖いというより、感動でした!
すごい、本当にいるんだ!

私は室内にいる姉に、
「ねぇ、幽霊がいるよ!見て見て!」というと、
姉は、
「いいから早く家に入って!!!」
と、どなりの口調…

仕方なくベッドに入りました。
しかし感動が収まらず眠れない…
そうこうしていると、天井で左右に移動する白いかたまり…
「姉ちゃん、さっきの幽霊だ!天井で暴れているよ!」
ふと姉を見ると、頭から毛布をかぶり、
「うるさい!もう寝なさい!」
と言われました…

仕方なく就寝しました…

翌朝目覚めると、家じゅうが大騒ぎ!
私は高熱で、意識がもうろうとしていました。
婆ちゃんも家に来て、沖縄のお守り「サン」を沢山作り、
家じゅうに置いていました。

昨晩一緒だった姉は、私の言っていることは嘘ではないということが分かっていたらしく、
怖かったそうです。
涙ながらに必死に誤っていました。

寝込んでから3日間で回復しました。
その原因が知りたくて、日中にそのあたりを調べました…
「もしかして、人が埋められてるかも知れない!」
なぁ~んて、刑事気取りで!(笑)

調べてて、とりあえず木には問題がない…
ところが、草をかき分け地面をみると、
井戸の跡…((((;゚Д゚)))))))

兄貴に確認すると、
「ああ、引っ越しする前に親父が埋めてたよ!」

後から知ったことだけど、井戸は簡単に埋めたらだめらしい…

不動産の業界でも、井戸のある物件はNGらしい…

埋め方は元の状態にするのが良いらしいが、
専門の業者に任せたほうがいいみたいです。

あれから約40年…

その住んでいた家を見に行きました…
当然建物はなく、整地されてロープで立ち入り禁止。
何があったんだろう…
場所的に良いベットタウンなのに…

人づてに聞いた話だけど…

その幽霊、いまだに現れているいるらしい…

井戸が原因か、定かではないけど…


中古物件を購入する際には、参考にしてください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

satoru

Author:satoru
●住処:沖縄県
●職業:商業デザイナー
●性別:男 ●血液:A型
●年齢:おじさん
●性格:嘘が嫌い。ブログで人を騙さずに、稼ぐ方法を模索中です!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR