FC2ブログ

どうせやるなら英語は早くからやらなきゃ!【英語、英会話教室のススメ】

 既に小学校5、6年生では「外国語活動」としてスタートしている英語教育。



2020年度からはその外国語活動が3、4年生からのスタートとなり、
5、6年生では成績の対象となる正式な「教科」となることが決定しています。

 今後ますますグローバル化が進むと予想されている現代社会において、
今の子供が大人になる10年、20年後には英語がより必要な社会になっているのは間違いありません。





 仕事はもちろんのこと日常生活までも英語がスタンダードになる時代がやってくるため、
英語、英会話の必要性はより高くなることが子供を持つ保護者にとって悩み、不安の種となっています。

 その悩みの解消法として有効なのが、英語、英会話教室での事前学習です。
 元来、日本人は外国語習得が不得手な民族と言われていますが、
その理由は外国語を単語や文法から「学習」していることで、
本来、言語は耳から「覚える」ことが基本とされています。

 小学校3、4年生くらいになると国語や算数など勉強で覚えることが多くなりますが、
就学前の幼少期から英語に触れる生活環境を整えておけば、
英語の音を聞き分ける能力が発達して聞き取りや発音がスムーズにできるようになります。

 およそ10歳くらいまでは言語を感覚で学ぶと言われているため、
無意識のうちに英語を耳から聞いて脳にインプットし、
口から音として出すことを繰り返すことによって英語を習得することが可能です。

 最近の英語、英会話教室にはネイティブ講師が多く在籍し、
学校の授業と異なり単語の書き取りや細かい文法などは学ばず、

まずは
●リスニング力と
●スピーキング力を鍛える

カリキュラムを数多く用意しています。

教室に続けて通うことによって
聴く、話す、読む、
書くの全ての能力をバランスよく使うことになるため、
正しい英語を身につけられることが大きなメリットです。

その他にも就学前に集団行動を行うことになるので学校生活の準備になることや、
外国人に接すること、異国文化にも触れることができるなど数多くのメリットがあるので、
早期からの英語、英会話教室はオススメです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

satoru

Author:satoru
●住処:沖縄県
●職業:商業デザイナー
●性別:男 ●血液:A型
●年齢:おじさん
●性格:嘘が嫌い。ブログで人を騙さずに、稼ぐ方法を模索中です!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR