FC2ブログ

中学生の頃の恐怖のバイト…

こんばんは(^^)

何故か眠れなくて、昔の事を思い出してブログを書き出しました。

そう、あれは中学3年生の夏休み。
不良だった私は、タバコを買うお金も底を尽きるくらい貧しくなっていました。

バイトをしたくても、中学生を簡単に雇って貰えるとこはなく、(当時は建築関係はあったの)どうしょうか途方にくれてました…(-_-;)

そんな時、不良仲間でも変わり者の「勝也」が私の元に訪れました。

勝也:さとる~、時給900円のバイトがあるよ!
一緒にやらないか?

時給900円?… 

当時の沖縄の平均バイトの時給は500円。

私:かなりヤバイんじゃない?

勝也:大丈夫!店のボーイ何だって!(^^)

(単細胞な私…)

私:ええやん!即面接じゃ~!!!

そんなわけで、年齢を誤魔化し
いざ面接。

ところが面接にきた人が…

こんな感じの人…(-_-;)



ん?
もしかして、山下清さん?
てな感じの人…

「おっ、おにぎりが好きなんだな!」って、
いいそうなくらい(爆笑)

面接は、即OK!

やった~(^^)

それから店の案内をされました。
 
店内を見渡したら…

一応、普通のスナックでした…

従業員の待合室に行き、仕事準備をすることになりました。

そこで気になったのが、
従業員の声…

皆、声が太いし、いかにもカツラかぶってる…?
怪しい…(-_-;)

そうこうしてうちに、面接したオーナーが登場…

その出で立ちは…



何それ…(¯―¯٥)

オーナーは、自分の着ている同じ服を私に提示…

今日からあなたは「さとる」だから、

「サリー」ね(^^)

状況を全て確認!

「ゲイバーだったのか…(-_-;)」

てか、いつの間にか勝也も化粧してるし…(-_-;)


とりあえず、私は提示された服を受け取り、

ゆっくり、玄関へ向かい、


服を投げ捨て、


マッハで逃走!!!


数十メートル走って振り向くと、

私を追う、勝也とオカマ!

 
しかし、オカマは体力がないので
すぐに断念…。

その後オカマは、両手を胸にあて…

「キャ~~~ツ」って、

叫びました(爆笑)

何なんだよ…?

それから、私に追いついた勝也がいった一言…

「楽しいから、一緒にやろうじぇ~」(^^)

とりあえず、回し蹴りをして、
その場を後にしました。

帰りのタクシー代が痛かった…(TT)


その後の勝也は、メイクをしたり、

女性物の衣類を身にまとうようになりました…

もしかしてコイツ、


ヤラれたのかな?(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

satoru

Author:satoru
●住処:沖縄県
●職業:商業デザイナー
●性別:男 ●血液:A型
●年齢:おじさん
●性格:嘘が嫌い。ブログで人を騙さずに、稼ぐ方法を模索中です!

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR